当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

+1844から電話がかかってきたときの対処法を徹底解説

ライフスタイル
スポンサーリンク

+1844という番号からの電話は詐欺です

スマホに+1844という不審な番号からの電話がかかってくるという現象が多発しています。

最近は+1や+1844という番号からの着信や留守電が目立っているようで、疑わしいと感じている方も少なくないでしょう。

日本の電話番号ではないことは確かですが、どこの国からかかってきて何のためにかけてきたのかは疑問に感じることもあるでしょう。

また、電話に出てしまったらどうなるのか、留守電に折り返したらどうなるのでしょうか。

今回は、+1844という番号からの電話について、どう対処すべきかをお伝えします。

スポンサーリンク

+1844からの電話は詐欺の可能性が高い

+1844はアメリカからの番号です。

はっきり言ってしまうと、+1844からの電話は「国際電話詐欺」の可能性が高いので、電話に出たり折り返したりしないでください。

国際電話詐欺は昔からありますが、最近では技術が進化しています。

以前は、電話に出ると意味のわからないアナウンスが流れていましたが、最近では日本語で「NTTファイナンス」と名乗ることもあります。

AI技術を使って、翻訳した内容を自動音声で伝えているのでしょう。

+1844からの電話に出たらどうなるのか

+1844からの電話に出たら、いろいろな形態があります。

どんな形態があるのかを知っておけば、今後も冷静に対応できるでしょう。

中国語で案内する

+1844からの電話に出たら、最初に中国語で案内が流れる場合があります。

これは、在日中国人を狙った電話です。

この場合、投資・株・貿易などの話題になります。

出てしまったらすぐに切るのが良いでしょう。

国内の企業を装って請求する

+1844からの電話に出たら、「NTTファイナンス」などの国内の企業を装う場合があります。

この電話は、日本語で話しかけてきます。

「支払いが滞っている」と言って、代金の支払いを要求します。

この電話に出ると、まず個人情報を聞かれます。

相手は、ランダムに電話をかけているので、こちらが誰なのかはわかっていません。

もちろん、料金の滞納などはすべて嘘ですので、支払う必要はありません。

荷物のトラブルを伝える

荷物を届ける予定だが、トラブルが発生したという口実で話しかけてくる場合があります。

これも、日本語で話しかけてきます。

荷物を届けるために住所・名前・連絡先を教えてほしいと言います。

しかし、荷物などは存在しませんし、個人情報を盗む典型的なフィッシング詐欺です。

教えてしまうと、詐欺のリストに入れられて、さらに迷惑な電話がかかってくるでしょう。

+1844、なぜ自分に電話がかかってくるのか?

+1844からの電話は、無差別に電話をかけています。

そのため、相手が偶然にかけた番号に当たっただけです。

番号が漏れたとか、リストが売られたということではありません。

気分は悪いですが、よくあることなので、過剰に心配することはありません。

+1844、電話がかかってきた時の正しい対処法

+1844からかかってきた場合には、完全に無視するのが正しい対処法です。

折り返しは絶対にしないでください。

気になっても無視するのが大切です。

相手は、どんどん電話をかけていて、どこにかけたかも覚えていません。

そのため、無視してもしつこくかかってくることはありません。

もし、何度もかかってくるなら、無視し続ければやがて止むでしょう。

着信拒否もできる

とてもしつこくて不安なら、契約しているキャリアに相談して海外からの着信拒否をしてもらいましょう。

そうすれば、電話が鳴ることはなくなりますので、安心できます。

+1844、電話に出てもいい場合

+1844からの電話に出てもいい場合もあります。

それは以下の場合です。

海外に家族・親戚・友人などがいる

海外に知人がいる場合には、+1844で重要な電話がかかってきている可能性もあります。

ただ、今の時代は、スマホで連絡が取れる時代です。

海外の親戚などに心当たりがない場合は、折り返さないでください。

仕事で海外との取引がある

仕事で海外との取引がある場合も、+1844で電話がかかってきている可能性があります。

ただ、まともな企業なら、いきなり電話はかけてきません。

最近のビジネスは、メールやZOOMなどが主流です。

コストがかかる固定の国際電話を使うケースはまずありません。

もそそんな取引先があるのなら、そのコスト感覚がない時点で、取引を見直すべきでしょう。

実際、ネット上には+1844からかかってきたけどという困惑の声がたくさんあります。

特に、問題やトラブルがなかったのであれば、気にしないでください。

電話がかかってきた時に最も大事なことは、電話に出ないことです。

詐欺や迷惑電話の場合、電話に出ると相手にその番号が使えるとバレてしまい、 何回もかけられる恐れがあります。

気になっても我慢して、電話が切れるのを待ちましょう。

着信がずっと続くなら、拒否して切ってもいいです。

知らない番号なら折り返さない

電話が切れたら、その電話番号がどこからかかってきたのか調べてみましょう。

電話番号を検索するのもいいでしょう。

でも、確信がないなら折り返してはいけません。

もし海外の友人からの重要な連絡なら、しばらくしたらまたかかってくるはずです。

着信拒否やブロックをする

かけ直してくるのがうざいなら、着信拒否やブロックをするのもありです。

スマホやiPhoneの機能や携帯会社のサービスで、着信拒否やブロックができます。

出てしまったらすぐ切る

つい電話に出ちゃったら、さっさと切りましょう。

迷惑電話に出ちゃった時は被害を最小にすることが大切です。

+1844から電話がかかってきたときの対処法を徹底解説まとめ

+1844の電話は北米(アメリカかカナダ)の着信課金番号からの電話です。

+1844で始まる電話番号は、アメリカの国際電話で日本の「0120」や「0800」みたいな番号です。

出ると中国語の自動音声が聞こえるという口コミが多いですが、日本と同じようにいろんな目的で使われて いるので分からないなら迷惑電話か間違い電話でしょう。

これからは、「+」から始まる電話番号からの電話は国際電話詐欺に気をつけましょう。

+1844は詐欺でよく使われていて、日本でもたくさん問題になってます。

多分中国語の案内は、銀行口座詐欺とか色々な詐欺があると思います。

お金をやるから銀行口座やクレジットカード番号を教えてとかです。

iPhoneなら切るだけでいいです。

Androidやパソコンならセキュリティアプリでチェックしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました