当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

粕汁で酒気帯び運転になる?アルコール度数と調理の仕方

食べ物・飲み物
スポンサーリンク

粕汁を摂取後に車を運転すると酒気帯び運転とみなされる可能性がある?

確かに粕汁にはアルコールが含まれていますが、その量が呼気検査で検出されるほどのものなのか疑問です。

多くの人が車を運転しますが、粕汁を食べることで酒気帯びになるのでしょうか?

どの程度の量を摂取すればアルコール検査を心配する必要があるのか、気になるところです。

粕汁を摂取して酒気帯び運転になるか、アルコール検査で引っかからない適量についての関心があります。

ここからは、粕汁を摂取後に車を運転するのは危険なのか解説していきます。

スポンサーリンク

粕汁を飲んで酒気帯び運転になる?

粕汁を飲んでも酒気帯び運転になります。

粕汁のアルコール濃度

粕汁は加熱されますが、それでもお椀一杯の粕汁には約1.8%のアルコールが含まれます。

呼気1リットルあたりのアルコール濃度が0.15mg以上あると酒気帯び運転とみなされますので、その可能性は十分にあります。

粕汁に含まれるアルコールは無視できません。

粕汁を飲んで酒気帯び運転で捕まる

実際に粕汁を摂取し、酒気帯び運転で捕まった人がいます。

かなり古い話ですが、神戸で2006年に、男性が粕汁を飲んだ後約2時間後に車を運転しました。

警察による呼気検査で呼気1リットル中に0.15mgのアルコールが検出され、酒気帯び運転で
書類送検されたのです。

粕汁を飲んで、その後2時間が経過しており、それでも酒気帯び運転になる可能性があることから、粕汁のアルコールを侮ることはできません。

酒に弱い人は特に注意

酒に弱い人が粕汁を摂取して運転すると、最悪の場合誰かの命を奪う可能性もあります。

そのような事態を避けるためには、粕汁料理を摂取した場合、絶対に運転を控えるべきです。

米麹から作った甘酒は問題ありませんが、酒粕を材料とした甘酒を飲んだ後も注意が必要です。

酒に弱い人が、粕汁を食べて運転すれば事故に繋がりかねません。

そうならないためにも、絶対に粕汁を食べたり飲んだりしたら、運転するのはやめるようにしましょう。

逆に、お酒に強い人の場合はなかなか気づきにくいです。

そのような人は、甘酒や粕汁を飲んでアルコールを摂取したとしても、感じにくい可能性があります。

粕汁を摂取した直後は、車の運転は行わないように注意が必要です。

粕汁のアルコール度数は?

酒粕のアルコール度数

酒粕に含まれるアルコール度数は6~8%です。

これは実はビールとほぼ同じくらいのアルコール度数です。

結構なアルコール度数と考えてもいい数値です。

粕汁のアルコール度数

粕汁を摂取後に車を運転すると、実際には酒気帯び運転とみなされることになります。

粕汁や酒粕を加熱した料理でも、酒気帯び運転になる可能性があるのでしょうか?

実際には、粕汁を飲むだけでも飲酒したことになります。

粕汁は加熱されますが、それでもお椀一杯の粕汁には約1.8%のアルコール度数が含まれます。

これはちょっとした缶チューハイや缶のカクテルと同じくらいのアルコール度数です。

したがって、粕汁を飲んだり、酒粕やそれを使用した料理を摂取した場合、絶対に車の運転は避けるべきです。

よく飲まれる、酒粕が材料の甘酒も同じことが言えるので、注意が必要です。

粕汁で酒気帯び運転にならないための調理方法

粕汁を摂取しても酒気帯び運転のリスクを回避するためには、十分に粕汁を加熱する必要があります。

グツグツと煮込むことでアルコールを少しでも減らせるので、粕汁を熱々で提供することが大切です。

煮込むことで粕汁のアルコール分が気化し、アルコールの残留を軽減することができます。

自宅で調理する際は、アルコールを飛ばす工程に注意してください。

粕汁の特徴

粕汁とは、酒粕を加えて煮込んだ日本の汁物料理です。

起源については詳細は不明ですが、近畿地方を中心に食べられる郷土料理です。

粕汁は酒粕を溶かし、味噌や醤油で味を整え、鮭やブリのあら、豚肉、にんじん、大根、ゴボウ、
こんにゃく、油揚げ、椎茸、ネギなどの多くの具材を入れた食べごたえのある料理です。

冬の寒い時期に、山間部から酒造地へ出稼ぎに来た人々が、酒粕を持ち帰ったことから山間部で広く
食べられるようになった歴史があります。

粕汁の栄養成分

酒粕には酵母のタンパク質、糖分、必須アミノ酸、ビタミンBやミネラルなどの多くの栄養が含まれています。

最近では高血圧や骨粗しょう症、認知症への効果についても研究が進んでいます。

また、体を温めて新陳代謝を促進する働きがあり、美肌効果や吹き出物などにも良いとされています。

粕汁は栄養価が高く、寒い冬にぴったりな料理ですが、カロリーはお味噌汁よりも高めです。

ただし、粕汁は具沢山で食べたあとの満足感もあり、カロリーを抑えたメニューとしても優れています。

粕汁で酒気帯び運転になる?アルコール度数と調理の仕方まとめ

今回は、粕汁で酒気帯び運転になる?アルコール度数と調理の仕方を紹介しました。

粕汁には、約5%のアルコールが含まれていますので、決して軽く見てはいけない度数になっています。

実際に粕汁を食べて、酒気帯び運転で捕まった人がいることが、その危険性を物語っています。

粕汁は、これからの寒い季節には、とても美味しく体を温めてくれる嬉しい食べ物です。

栄養も豊富で、酒粕とあまった野菜で作れるとても健康的な料理です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました